この記事ではブレスマイルクリアの副作用について解説します。

ブレスマイルクリアに含まれている成分の効果を調べた上で、その副作用危険度を解析しました。

安全性の高いホワイトニング歯磨き粉を使いたいという人は、この記事の内容をしっかり読んでいって下さいね!

成分名 効果 副作用の危険度
ソルビット液 甘味料として用いても、口腔内で細菌、酵素による有機酸の生成がほとんど無く虫歯の発生原因になりません。
濃グリセリン 天然の油脂類に広く存在している多価アルコールです。吸収性に優れており、肌に潤いを与えます。
チャエキス(1) 消炎作用や抗酸化作用、抗菌作用、収れん作用、育毛作用などがあります。
1,3-ブチレングリコール 保湿や保水の働きだけでなく、植物からエキス成分を抽出する役割もあります。
ローズマリーエキス 非常に強い香りを有しています。そのため香料として微量配合される成分です。
ノバラエキス フィラグリン産生促進による保湿作用や色素沈着抑制作用、抗炎症作用、 収れん作用などがあります。
クマザサエキス 口の中の炎症を抑え粘膜を保護し、口臭や体臭の除去にたいへん効果があります。
ホエイ(2) ヨーグルトなどを静置した時に上部に浮いてくる上澄み液から得られ、唾液の働きに類似しています。
水素添加大豆リン脂質 保湿効果、感触改良、乳液やクリーム等の乳化、リポソームの形成に適しています。
ウーロン茶エキス 歯垢(プラーク)予防や、知覚過敏予防、口臭予防の効果などがあります。
ホップエキス 虫歯発生に重要な働きを果たす不溶性多糖類合成酵素を強力に阻害し、虫歯のリスクを軽減します。
ドクダミエキス 保湿効果、抗菌効果、収れん効果のある成分です。特に抗菌性が強く防腐剤を補助する役割があります。
トウキエキス(1) 美白成分として知られている、フタリド誘導体のリグスチリドが含まれています。保湿、消炎効果などがあります。
ワレモコウエキス 肌を引き締める収れん作用や、抗酸化作用があります。自然派を標榜する化粧品によく使用されています。
シャクヤクエキス 美白効果が抜群の成分です。保湿、血行促進効果もあり、敏感肌やニキビケアに使うとよいとされています。
ポリアスパラギン酸ナトリウム液 タンパク質と結合して凝固するため歯に付着した汚れを取るので、歯のホワイトニングとして利用されています。
海藻エキス(4) 肌の潤いやバリア機能に重要なセラミドをはじめとする細胞間脂肪の増加に働きかけます。
オリブ油 オリーブの果実から抽出される油です。酸化しにくく、肌になじみやすく、うるおい感を与えます。
ヒアルロン酸ナトリウム(2) 元々人間の皮膚内にあり、水分保持効果をもつ成分です。肌馴染みがよく、保水力があります。
シルク末 美白効果があります。構成する成分が極めて人間の皮膚に近く非常に肌に優しく馴染みます。
DL-リンゴ酸 歯に付着した汚れを優しく落とします。本来の白い歯を蘇らせるホワイトニング効果を発揮します。
パール末 真珠の光沢を生み出しているコンキオリンが肌のコラーゲン合成を促進し、潤いや艶を与えます。
精製水 イオン交換樹脂を通して精製して不純物を取り除いた水のことをいい、pHは5.5から7ぐらいです。
無水ケイ酸 フッ化物との相溶性とステイン除去の両面から優れた研磨剤と言える成分です。
エタノール 各種物質や成分を溶解する性質があるので溶剤として、化粧品には欠かせない成分です。
ヒドロキシアパタイト タンパク質の吸着能力が高く、虫歯の原因菌に対しても優れた吸着力を持っています。
2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン 油脂を乳化させる作用があり、洗浄性、起泡力が良好な両性界面活性剤です。
ポリエチレングリコール400 たばこのヤニだけでなく、コーヒーやワインで付着するステインなどの色素汚れを溶解する働きがあります。
ゼオライト 無数の空洞がガスを分子レベルで吸着し脱臭します。アンモニアの吸着は活性炭よりも優れた効果があります。
フッ化ナトリウム 虫歯侵襲時の脱灰の抑制、また抗菌作用と初期虫歯病巣への再石灰化の促進に効果があります。
グリチルリチン酸ジカリウム カンゾウ由来薬用成分です。生薬の作用として歯ぐきの炎症を防ぎます。
塩化セチルピリジニウム 口腔内の浮遊性細菌に対して強力な殺菌作用を持っているため、殺菌剤として使用されています。
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油 安全性の高い界面活性成分です。各種化粧品の可溶化、透明化に使用されています。
キサンタンガム つけた成分が肌に定着しやすくなる効果があります。分離安定剤として使用されています。
酸化チタン 世界中の顔料の総生産量の70%を占めています。製品に白色性と不透明性を与えます。
グンジョウ イオウを含んだアルミニウム、ケイ素からできている青色から紫青色の顔料です。
シアノコバラミン ビタミンB12の1種で、赤いビタミンと呼ばれています。エイジングケアに大切な成分です。
香料 常温で揮発性をもち、芳香を与えるために用いる物質です。天然香料と人造香料に大別されます。
l-メントール 口臭の防止や歯周炎の予防、歯を白くしたり、口中の浄化や口中を爽快にする働きがあります。
キシリット アンモニア濃度を上げて酸の中和を促進する働きや、唾液分泌の促進と再石灰化作用などがあります。
ステビアエキス 甘味はあっても砂糖のように虫歯菌の栄養になる糖は含まれていないので虫歯予防効果があります。
安息香酸ナトリウム 合成保存料で水に溶けやすいため、清涼飲料水などに使われます。また防腐剤として使用されています。
メタリン酸ナトリウム 研磨剤として使用されています。歯を白くするだけでなく、白い歯を保つためにも有効な成分です。
無水エタノール 水分を含まないアルコールで殺菌作用はなく、水で薄めて初めて殺菌作用を発揮します。
アスコルビン酸 主に中胚葉由来の間葉性の組織に影響します。骨芽細胞の分化やコラーゲン器質の形成に必要です。
天然ビタミンE 植物油から直接抽出し酢酸をつけて安定化したものです。抗酸化作用が非常に強い成分です。
無水クエン酸 柑橘類に多く含まれ、爽快な酸味を有しています。また優れたキレート力で金属イオンを封鎖し変色を抑えます。
クエン酸ナトリウム pHの調整や、金属イオンによる沈殿の防止効果があるため、多くの化粧品に配合されています。

副作用の危険度:当サイトが独自に判断

 

ブレスマイルクリアにはどんな成分が入ってるんでしょうか?体に害のある成分も入ってるのかどうか調査してみました。

ブレスマイルクリアには石油系界面活性剤・鉱物油・シリコーン・漂白剤・パラベン・紫外線吸収剤などといった危険な成分は一切含まれていません。

またブレスマイルクリアはISO認定の日本国内の工場で作られているので、安全性も高く安心して使うことができます。

危険なホワイトニング歯磨き粉は使いたくない人には、ブレスマイルクリアがおすすめですよ!

ブレスマイルクリアの公式ページはこちら